【データ】9/14 そろそろにちようチャップリン お笑い統一王座GP 予選#6前半 ザ・マミィ たくろう ザ・ギース ネタリスト得点・ちょびっと感想

 

毎週楽しみに見ている貴重なネタ番組「にちようチャップリン」。
今週も、お笑い統一王座GP2019の予選第6回。前半3組でした。
チェックがてら、ネタリストと時間を調べましたので、まーまー参考までにどうぞ。

 

放送日:2019年9月14日
MC:内村光良, 千鳥, ハリセンボン, 角田暁子(アナ)
ゲスト:土田晃之、井戸田潤、田中卓志
出演:ザ・マミィ, たくろう, ザ・ギース

予選#6 前半 ネタリスト・時間・得点

・前半戦得点

出番名前タイプタイトル時間(分)得点
1ザ・マミィコントさかまる490
2たくろう漫才ネズミ講3.594
3ザ・ギースコントシゲさんとの別れ494

超ハイレベルな今回。
ザ・マミィの完成度の高いコントがあっという間に3位になるレベルで、
たくろう、ザ・ギースが94点で同率首位。
このまま同率ならじゃんけんで決定。
後半の採点を待ちます。

ちょびっと感想

ザ・マミィ

酒井さん演じる「さかまる」です。
何回か見てますが、完成度高いですねこのコント。

大人になったら見えなくなるはずの「さかまる」がまだ見えてる理由が、
人間として未熟で大人になれていないから😄😄

そして「面接合格ごっこ」などの「遊び」から、
一歩大人になるごとに服が1枚ずつ見えなくなると。

不思議な昔話を見ているようで、
めちゃくちゃ見やすいです。

90点と高得点。

土田「人力舎は昔からネタしっかりしてる」
土田「しゃべり方は(鬼ヶ島の)アイアム野田に似てますけど」
土田「ネタのクオリティがぜんぜん違う」

あー、そう言われれば似てますかね。

それを受けての質問、

ノブ「誰かにかわいがってもらってるとかあるんですか」
酒井「僕は、アイアム野田さんとか」
ノブ「やっぱりや!」
土田「やめろやめろ」

当たってた😄😄

 

たくろう

すれ違いスタイルの新感覚漫才。
初期の頃は「すれ違いっぷり」がエルシャラカーニさんと比較されていましたが、

たくろうの2人にしか出せない域に来たと思います。

「言葉遊び」の使い方が非常に上手い印象ですが、他にも

赤木「鼠先輩の母校なんかなー思って」
赤木「覚えてる?ポッポポポポーゆうて」
赤木「好きだったあれ。着メロにしてた」

など、赤木さんが独り言みたいにゴチャゴチャ言う部分が面白く、
そのあたりも新しいスタイルだなーと思います。

94点の高得点。

井戸田「2人がボソボソやって途中でパッと止まる」
井戸田「あの間がすごく上手だなと。なかなか出来ない」

はるか「お客さんがそれぞれ笑いたいところで笑ってる」

あー、幅広くいろんなツボを狙ってる可能性ありますね。

 

ザ・ギース

シゲさん(尾関)に音楽を披露するというシンドウくん(高佐)。

ここで出てきたのがハープ。
その時点で1笑いあり、もっとビックリしたのが、実際に弾けてます😄😄

シンドウ「僕、アンリエット・ルニエみたいになりたいんです!」
シゲ「誰だかわからない」
シンドウ「マルセル・グランジャニーの師匠です」

実在する人なんですね。ハープやってる人なら分かるんかな?

LINEの着信音でも1笑い取ったあと、
ハープで中島みゆきの「糸」を披露する高佐さん。
普通にそこそこ弾けてるのが面白くて仕方ない🤣🤣

そして尾関さんは尾関さんで、実際に「紙切り」を披露する。
それぞれの芸をフルに利用する。すごすぎる。
最後のオチでテレビ見ながら手ー叩いてましたもん。

会場の点数は94点でしたが、
個人的には100点ですもう。

 芸人がコントのために芸を覚え、笑いに昇華する。
この生き様にちょっと感動しました。

ノブ「(ハープは)弾けたの?もともと」
高佐「いや、弾けなかったんですけど」
高佐「恥ずかしい話、どうしてもこのコントやりたくて練習しました。」

恥ずかしくはないですがな。
スタイリッシュに「こなす」のではなく、

その無骨さを含めての笑いが発生してるのに。

おまけ

ザ・ギースの高佐さんのツイート。
おまけで披露してくださってます。

 

さいごに

いやー、コントのためのガチのハープ演奏。
良いものを見れました。

これだけでも1週間頑張ったかいあった😄😄

来週は四千頭身、モグライダー、オテンキと、
これまた楽しみなメンツで。

ではまたー。