【データ】6/9 エンタの神様 2020 特別編 全34組 ネタリスト・時間・テロップ調査

遅ればせながら全ネタチェックし終えました~。
今回は、特別編ということで、過去傑作選でした!
エンタの神様は大昔はテロップの多さが話題になったので、またまたどこに需要があるか分からないですが今回も調査。
まーまー参考までにどうぞ。

放送日:2020年6月9日
司会:福澤朗, 白石美帆
出演:NON STYLE, ジャングルポケット, 厚切りジェイソン, ゆにばーす, 銀シャリ, コウメ太夫, 霜降り明星, トレンディエンジェル, しずる, メイプル超合金, ヒロシ, 陣内智則, U字工事, ロッチ, サンドウィッチマン, パンサー, アンジャッシュ, 横澤夏子, バイきんぐ, ANZEN漫才, パンクブーブー, ドランクドラゴン, ラバーガール, タカアンドトシ, ナイツ, アルコ&ピース, かもめんたる, アンジャッシュ, カミナリ, だーりんず, 東京03, 阿曽さん, インパルス, はなわ

スポンサーリンク

ネタリスト・時間

※「漫才」表記=しゃべくり漫才

順番 名前 タイプ タイトル 時間(分)
1 NON STYLE コント漫才 運命的な出会い 3.5
2 ジャングルポケット コント 殺してしまった 2.5
3 厚切りジェイソン フリップ芸 日本の漢字 2
4 ゆにばーす コント 私の夢は・・・ 2.5
5 銀シャリ 漫才 ことわざ 1.5
6 コウメ太夫 歌ネタ 衝撃の初登場! 1.5
7 霜降り明星 コント漫才 小学校の思い出 3
8 トレンディエンジェル 歌ネタ Oh!ハゲ 2.5
9 しずる コント 君の予定は? 2
10 メイプル超合金 漫才 孫の顔を見せたい 2.5
11 ヒロシ 漫談 ブレイク前のリアルな自虐 0.5
12 陣内智則 コント 小学校の運動会 4.5
13 U字工事 漫才 栃木の最強漫才 2
14 ロッチ コント カツ丼の注文 4.5
15 サンドウィッチマン コント タクシー 4.5
16 パンサー コント 1人だけ司法試験に落ちた 3
17 アンタッチャブル コント 不動産屋 5
18 横澤夏子 形態模写 ちょっとイラッとくる女 2
19 バイきんぐ コント この学校の卒業生 3.5
20 ANZEN漫才 歌ネタ アニキが怒るぞ! 2.5
21 パンクブーブー コント漫才 うるさい隣人 2.5
22 ドランクドラゴン コント カリスマミュージシャン 3.5
23 ラバーガール コント 就職の面接 2
24 タカアンドトシ コント 万引き犯 2.5
25 ナイツ 漫才 日本テレビ 1.5
26 アルコ&ピース コント 銀行強盗 2
27 かもめんたる コント 路上詩人 3
28 アンジャッシュ コント 渡部の誕生日なのに・・・ 4.5
29 カミナリ 漫才 一番怖いもの 2
30 だーりんず コント 今度は次女をください 1.5
31 東京03 コント 熱血教師の戦い 4.5
32 阿曽さん フリップ芸 公然わいせつ罪の男 2.5
33 インパルス コント ブスなアイドル 2.5
34 はなわ 歌ネタ ガッツ石松 爆笑伝説 1.5

過去傑作選ということで、
貴重な映像がたくさんでした。
陣内さんが茶髪で若い!😄😄

また、
長尺コントは1つもなく、
最長でもアンタッチャブルさんの5分コント。
最短でヒロシさんの40秒くらいネタ
でした。

タイプ内訳ですが、
エンタの神様はコントや歌ネタ・リズムネタが多いことが特徴で、
今回も半数がコントです。
歌ネタは4つ、全体の10%にとどまり、
今回は珍しくしゃべくり漫才が多かったです。

セリフにテロップが入っていたもの

エンタの神様と言えば、「セリフにテロップ」という、
賛否両論(主に否)という過去があったので、今回も調査してみました。

順番 名前 タイプ テロップ
6 コウメ太夫 歌ネタ
8 トレンディエンジェル 歌ネタ
11 ヒロシ 漫談
12 陣内智則 コント
20 ANZEN漫才 歌ネタ
34 はなわ 歌ネタ

傾向としては、歌ネタか、リズムネタであれば100%テロップ付きで、
これはず~っと変わっていません。

特徴的なのが、陣内さんの一人ツッコミネタにテロップが付いてます。
今年の春(4/1)の陣内さんにはテロップが付いていなかった
のですが、
昔のネタということで、今回テロップが付いてました。

【データ】4/1 エンタの神様 2020春 全27組 ネタリスト・時間・テロップ調査
遅ればせながら全ネタチェックし終えました~。 ぺこぱ、SAKURAI、わらふぢなるおが初登場! エンタの神様は大昔はテロップの多さが話題になりましたが、どこに需要があるか分からないですが今回も調査してみました。 ...

 

また、毎度のことですが、
アンジャッシュさんは、セリフ自体にはテロップがなく、
勘違いの状況を説明をする補足テロップのみ付いていました。

 

今回はこのへんで。
ではまたー