【データ】過去のデータから考える、R-1ぐらんぷり2019 大胆予想!

いよいよ明日に迫ったR-1ぐらんぷり決勝ですが、
私の予想を記しておきます。
「データからテキトーな理由をつけて予想すること」が、ただただ楽しいですので、個人のたわごとくらいに、まーまー参考までにどうぞ。

 

去年のR-1ぐらんぷり2018との違い

審査方法が変更

2015年から続いていた、審査員5人+お茶の間投票から変更があり、
桂文枝、関根勤、渡辺正行、久本雅美、陣内智則、友近 (敬称略)の、
審査員6人による投票のみとなるようです。

これにより、お茶の間投票の6票分がなくなり、審査員1人追加ということで、
総票数は21票→18票となる計算です。

つまり、去年より1票が重くなったということです。

決勝進出者 おさらい

実は、クロスバー前野さんと、セルスパ大須賀さんのピンネタを見たことがなく、
Aブロックの想像がつきにくいです。
(イメージ的には、大須賀さんは正統派コントなイメージがありますが)

では、タイプ、強み、漫才スタイルを分別し、傾向を確認します。

順番Aグループネタタイプ強み
1チョコプラ松尾コントモノマネ
2クロスバー直撃 前野(未チェック)(未チェック)
3こがけん歌ネタコント英語ネタ
4セルライトスパ 大須賀(未チェック)ボケキャラ
順番Bグループネタタイプ強み
1おいでやす小田コント大声
2霜降り明星 粗品フリップ芸ツッコミ
3ルシファー吉岡コント説明キャラ
4復活ステージ2位
順番Cグループネタタイプ強み
1だーりんず 松本りんすパフォーマンスバカバカしさ
2河邑ミクコント女子キャラ全般
3三浦マイルドフリップ芸広島弁キャラ
4復活ステージ1位

こうやって並べてみると、てんでバラバラな10人が揃った印象です。

そして、死のBグループとも称されるとおり、
Bグループは実力者3人がつぶし合う、激戦区の様相です。
ここにマツモトクラブさんとか来た場合、どうなってしまうんでしょう。

予想がむちゃくちゃ難しいです。
では、過去データから考えていきます。

 

過去のトーナメント通過得票率

ここで、どれくらいの得票が必要か、得票ルールの過去4年のデータを見てみます。

開催年Aグループ得票Bグループ得票Cグループ得票
2018おぐ11ゆりやん10濱田祐太郎8
2017サンシャイン池崎10石出奈々子10アキラ100%9
2016小島よしお11ザコシショウ15ゆりやん8
2015ゆりやん9マツモトクラブ12じゅんいちダビッドソン9
全体平均10.2票(48.4%)

グループ突破目安は、全平均は10.2票、得票率にして48.4%が必要。

今年の18票分で考えると、8.7票必要です。

つまり9票くらいがボーダーラインになりますので、
最低でも3人から3票を得ないといけない。

ということは、たとえば好みが分かれるようなネタで、
審査員2人だけにネタが刺さっても通過できない
です。

また、Final Stageの得票数は以下の通り。

開催年名前得票2位との差
2018濱田祐太郎127票
2017アキラ100%149票
2016ハリウッドザコシショウ1612票
2015じゅんいちダビッドソン139票
全平均13.75票(65.5%)9.25票

3人バトルのため、4人の予選よりも票は集まりますが、
約2/3の票を得ている
のがデータからわかります。

そしてここ数年は大きく得票差がついているのが特徴的で、満場一致感があります。

審査員の傾向

文枝師匠、関根さん、久本さん、陣内さんは過去データがありますので、
ちょっと票の入れ方にどういう傾向があるか見てみます。

名前3票入れた2票入れた1票入れた
文枝濱田祐太郎(2018)
濱田祐太郎(2018)
ゆりやん(2015)
チョコプラ長田(2018)
おいでやす小田(2018)
アキラ100%(2017)
おいでやす小田(2017)
ルシファー吉岡(2017)
三浦マイルド(2017)
マツモトクラブ(2015)
じゅんいちダビッドソン(2015)
じゅんいちダビッドソン(2015)
ゆりやん(2018)
カニササレ(2018)
石出奈々子(2017)
ブルゾンちえみ(2017)
ゆりやん(2017)
サンシャイン池崎(2017)
マツモトクラブ(2015)
ヒューマン中村(2015)
アジアン馬場園(2015)
関根マツモトクラブ(2018)
ザコシショウ(2016)
ザコシショウ(2016)
ゆりやん(2018)
チョコプラ長田(2018)
おぐ(2018)
アキラ100%(2017)
アキラ100%(2017)
石出奈々子(2017)
サンシャイン池崎(2017)
厚切りジェイソン(2016)
小島よしお(2016)
濱田祐太郎(2018)
ゆりやん(2018)
ルシファー吉岡(2018)
サンシャイン池崎(2017)
おいでやす小田(2017)
ルシファー吉岡(2017)
三浦マイルド(2017)
シャンプーこいで(2016)
久本マツモトクラブ(2018)おいでやす小田(2018)
濱田祐太郎(2018)
ゆりやん(2018)
ゆりやん(2018)
チョコプラ長田(2018)
おぐ(2018)
陣内おぐ(2018)おぐ(2018)
霜降り明星粗品(2018)
ゆりやん(2018)
チョコプラ長田(2018)
濱田祐太郎(2018)
濱田祐太郎(2018)

 

こうやって見てみると、
文枝師匠はきっちりとしたネタや「仕上がってる人」が好きで、
関根さんはバカバカしいのが好きなのかな?

意外とと言ったら失礼かもですが、
久本さんがキャラというよりかは世界観・完成度重視で、
一方で陣内さんがキャラ重視>完成度重視な印象です。

渡辺リーダーと友近さんもキャラ重視なイメージはありますが、どうなんでしょう。

M-1と同様、いろんな角度から審査をする方々が集まっており、
バランスはとてもいいと思いました。

そして結局は、バラバラな見方をする方々から、
「より多くの人から票を得る」必要アリなわけです。

マキシ的 ブロック予想・優勝予想

これらを踏まえまして、自分の予想です。

AグループBグループCグループ優勝予想
こがけんおいでやす小田敗者復活(マツモトクラブ)おいでやす小田

 

予想のコンセプトは、「ネタの完成度があり、かつキャラを少し重視」にしてみました。
ネタの完成度が高い時点で1票を拾いに行ける
とみてます。

で、最初に書いたとおり、今回は1票がとても重いので、
ネタ完成度が高い方が行きやすいんじゃないかな~予想 というわけです。

こがけんさんは、大爆笑と言うよりは弱点がないと思っています。
Aグループの中で、票を拾いそうだな~と。

敗者復活はマツモトクラブさんが過去ずっと達成していること、
そして今年の予選見に行ったときも仕上がってましたし、
順当に行けば1位か2位には来ると思いました。

過去の実績を考えても、一番怖い存在だと思います。

その中で、Bグループ、事実上決勝戦じゃないかな~?

ここの予想だけは上のコンセプトを捨てました😄

バカバカしい小田さんのキャラが、粗品さんや吉岡さんの極上ネタを上回ったとき、
それはもう優勝まで持っていく という展開予想を含めての予想
になります。

 

さいごに

ついに決勝のネタを見れるのが、何よりもワクワクしてますので😊

予想はしてますが、あくまで楽しみの一つであり、
結果「え~、○○がおかしいよ~」とかいう、
批判とかする気はない事を一応書いておきます。

キレイ事に聞こえるかもですが、
毎度毎度、笑わせてくれる、すべての芸人の方々に感謝、感謝です。

というわけで、
長文でしたが最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは。