【見逃し配信2/10まで】[新番組] デジタルにらめっこWARAE が面白かった ざっくり感想・対戦結果(ネタバレ含む)

 

ザコシショウ、くっきーの他、金属バット友保や、Aマッソ加納など名だたるメンバーが参戦!
ということで話題になってた「デジタルにらめっこWARAE」。
面白くて、今後も楽しみだったので共有したいと思いました。

また、関東ローカルだったのですが、TVerで配信されていましたので、まだ見ていない方もぜひ!

ネタバレが見たくない方は、見逃し配信リンクだけどうぞ。

 

放送日:2019年2月3日
出演者:麒麟 川島, ずん 飯尾, コロコロチキチキペッパーズ ナダル, Aマッソ 加納, 金属バット 友保, 野性爆弾 くっきー, ハリウッドザコシショウ, インパルス 板倉

スポンサーリンク

見逃し配信リンク

配信期限:2019年2月10日(日) 14:14 まで

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」
民放が連携した初めての公式テレビポータルTVer(ティーバー)。各局の人気ドラマやバラエティを好きなときに無料で動画視聴できるキャッチアップサービスです。

 

ルールおさらい

  • 1 vs 1で行われる8人のトーナメント方式
  • 参加者手持ちスマホの画像(最大100枚)から選ぶ(写真加工・イラストもOK)
  • 相手を笑わせた方が1ポイント
  • 笑った・耐えたの判定は専用の笑い測定システムが行う

というわけで、笑わせる攻撃力と笑わない守備力が問われます。

ちなみに「笑い測定システム」ですが、おそらく目の形状や口角の具合を画像認識し、独自の計算式にあてはめ、笑顔度として算出していると推測します。

リアルタイム笑顔度測定技術 新IT大捜査線 - COMZINE by nttコムウェア
かしこい生き方をを考えるオンライン・マガジン by NTTコムウェア

世の中にこういう技術があるんですね。
(か、もしかしたらスタッフが目で見て数値化してる可能性もなくはない)

ざっくり感想(ネタバレ含む)

個人的な思いで、対戦で特に気になったところを。なお、全対戦結果は下の方に書いてます。

・コロチキ ナダル vs Aマッソ加納

女性枠、キレイどころでありながら、イカれた言動が多いAマッソ加納さんを参戦させるという、結構なお笑いファン向けの人選を感じた瞬間でした。

しかし、初っぱなからコロチキナダルさんの出した三四郎相田の画像に爆笑してしまう。

後攻で「ゆりやん」と題して「豚の顔肉(チラガー)の写真」を出して取り返したが、

麒麟 川島「意外と加納ちゃん、ゲラ(笑い上戸)ですね」

のとおり、2つとも笑ってしまい、2-1で初戦敗退

いや~、抜群の変化球を誇るだけに、もっと見たかったな~

 

・金属バット 友保 vs 野性爆弾 くっきー

イカレ本命対決です。
ついに金属バットが関東ローカルで出始めたのかとちょっとビックリ。

ナレーター「ここまで見ていてどうですか」
友保「なんすか?」
ナレーター「ここまで戦いを見ていてどうですか」
友保「え、なん、何?」
ナレーター「ここまで、戦いを見ていて、どうですか!!」
友保「いいんちゃいます?コンピューターでなんじゃして、ええ感じや思いまっせ

ナレーター「・・大丈夫ですか」
友保「大丈夫てどういうことやねん!おい」

もう通常会話でその「普通じゃない感じ」が見て取れます。
(くっきーさんが普通に見えてきますわ・・・)

しかし結果は強敵、大助師匠と高橋名人の加工画像を駆使したくっきーさんに敗退。

こっちも残念ですが、相手が悪かった。

・ハリウッドザコシショウ vs インパルス 板倉

もっとイカれてる対決です。
ザコシショウは、パワープレイヤーかつ弱点不明という超難敵
(笑わせバトルロイヤル「ドキュメンタル」の優勝者でもあります)

対するインパルス板倉さんも、真顔から直球と変化球を駆使するクセモノです。

意外と名勝負じゃないかな~と思ってたとおり、1本目はお互いが耐える。

しかし、細川たかしのイラストを2回目もかぶせてきたザコシショウ。
思わず笑ってしまう板倉さん。

板倉「一個目がワナだったんですね!こっちに向いてきた・・」
ザコシショウ「フリなんですわ」

まさかのテクニックまで見せつけ、ザコシショウが圧巻の勝利。

敗退後、モニタリングルームに移動したあとの板倉さん。

スタッフ「ザコシショウの弱点は?
板倉「わからないです。次もっかいやるってなったときに、何を出せば勝てるかわからない」

 

・麒麟 川島 vs ハリウッドザコシショウ

決勝がこのカードでした。ツボがわからない対決だと思います。

川島さんは、芸人を絡めたネタ(きんに君の弁当、週刊誌に直撃された大悟)で様子を探るも笑わず。

ザコシショウは、ある程度川島さんがゲーム好きということを知っていたのか、2連発でゲームネタをぶっこむもギリギリ耐え。

しかし、2戦ドローのあと、3戦目で麒麟田村に笑わなかったザコシショウ。

ザコシショウ「この線(が弱点)ではないですね僕は。」

と言い放った直後、顔面がヌリカベ状態になってる画像で笑わせ、ザコシショウの勝利

第1回の優勝者となりました。

対戦結果

1回戦

先攻・後攻制:2戦でのポイント合計の高い方が勝利

第一試合

麒麟 川島 vs ずん飯尾

先攻判定後攻判定ルール
麒麟 川島ずん 飯尾×1枚でWARAE
ずん 飯尾麒麟 川島音楽でWARAE

2-1で川島の勝利

第二試合

コロコロチキチキペッパーズ ナダル vs Aマッソ加納

先攻判定後攻判定ルール
コロチキ ナダルAマッソ 加納1枚でWARAE
Aマッソ 加納×コロチキ ナダル4コマでWARAE

2-1でナダルの勝利

第三試合

金属バット 友保 vs 野性爆弾 くっきー

先攻判定後攻判定ルール
金属バット 友保×野性爆弾 くっきー1枚でWARAE
野性爆弾 くっきー×金属バット 友保即興でWARAE

1-1でサドンデス突入:同時に写真を出して、先に笑った方が負け

判定判定ルール
金属バット 友保×野性爆弾 くっきー×
サドンデスでWARAE
金属バット 友保×野性爆弾 くっきー×
サドンデスでWARAE
金属バット 友保×野性爆弾 くっきー
サドンデスでWARAE

くっきーの勝利

第四試合

ハリウッドザコシショウ vs インパルス 板倉

先攻判定後攻判定ルール
ハリウッドザコシショウ×インパルス 板倉×1枚でWARAE
インパルス 板倉×ハリウッドザコシショウ日常でWARAE

1-0でザコシショウの勝利

準決勝

先攻・後攻制:1ポイント先取

第一試合

麒麟 川島 vs コロコロチキチキペッパーズ ナダル

先攻合計後攻合計ルール
麒麟 川島341/500コロチキ ナダル241/5005枚でWARAE (5枚の笑顔度合計の高い方)

川島の勝利

第二試合

野性爆弾 くっきー vs ハリウッドザコシショウ

先攻合計後攻合計ルール
野性爆弾 くっきー180/500ハリウッドザコシショウ397/5005枚でWARAE (5枚の笑顔度合計の高い方)

ザコシショウの勝利

決勝

先攻・後攻制:1ポイント先取

麒麟 川島 vs ハリウッドザコシショウ

先攻判定後攻判定ルール
麒麟 川島×ハリウッドザコシショウ×1枚でWARAE
ハリウッドザコシショウ×麒麟 川島×1枚でWARAE
麒麟 川島×ハリウッドザコシショウ1枚でWARAE

 

というわけで、第1回の優勝はハリウッドザコシショウ!

出演者の方々も言ってましたが、笑わないというか、
「弱点がどこにあるかわからない」という鉄壁の守備が光る優勝となりました!

さいごに

この企画を考えた人と、第1回で攻めてきた人選がすごいです。面白いですわぁ。

そして、個人的に「面白そうなデータが取れそうだな」とか思ってしまいました。
(根っからのデータ好きです)

「第1回デジタルにらめっこWARAE」とテロップに書いていましたので、きっと第2回、第3回も開かれますよね!

もしかしたら「千原ジュニアの座王」みたいに、評判が良かったらレギュラー化とかありうる?

今後楽しみな番組だと思いました😊

またまたキレイ事みたいなことしか言えないですが、芸人の方々、スタッフ、配信してくれたメディアに感謝、感謝です!

ではでは。