【データ】(最終) M-1グランプリ 2020 一回戦 プロ・アマチュア別 参加数・通過突破率

 

今年もM-1グランプリ予選の季節が始まりました!
昨年に引き続き、プロ・アマ別の通過率を、
公式サイトの日程・結果データから、集計してみました。

2019~2017年のデータも載せていますので、気になる方はぜひ!
まーまー参考までにどうぞ。

M-1グランプリ公式サイトの日程・結果データから、
通過・敗退のデータを抽出し、集計したものです。

日程・結果 | M-1グランプリ 公式サイト
M-1グランプリの予選から決勝までの日程や結果などをお届けする「日程・結果」ページです。

 

スポンサーリンク

2019年データ

2019年 一回戦~準決勝 データ詳細 はこちら ↓

【データ】(最終) M-1グランプリ 2019 三回戦~準々決勝以降 プロ・アマチュア別 参加数・通過突破率
いよいよM-1グランプリの予選も始まり、ちょっとプロ・アマの割合ってどうだろう? その通過率は? というのが気になりましたので、M-1グランプリ2019の公式サイトの日程・結果データから、集計してみました。 2...

2020年 二回戦データ

2020年 二回戦 データ詳細はこちら

【データ】(11/19更新) M-1グランプリ 2020 二回戦・準々決勝 プロ・アマチュア別 参加数・通過突破率
今年もM-1グランプリ予選の季節が始まりました! 昨年に引き続き、プロ・アマ別の通過率を、 公式サイトの日程・結果データから、集計してみました。 2019~2017年のデータも載せていますので、気になる方はぜひ...

一回戦データ

2020年(最終結果)

※プロ=事務所所属+フリー(=非アマチュア)
※アマ率=アマ数÷(プロ数+アマ数)
欠席はデータに含めていません
※1回戦の敗退→再エントリーは2回カウントしています

集計期間全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
最終結果12.3%222351323.1%2236371.7%50.1%

追加合格反映済み

2020年の一回戦通過はわずかに550組と、
今年は三回戦が無い影響か、例年の約半数
となりました。

参加中のアマチュア率は50.1%と、昨年(50.2%)とほぼ同等で、
今年もプロを上回るアマチュア参加数
でした。

なお、例年は二回戦~三回戦にかけて、
約300組、約100組と絞ることから、
今年は一回戦突破の550組+シード組(約50組)を、
二回戦で、100組程度まで絞ると予想されます。

一回戦突破 所属事務所 内訳

所属事務所通過数
吉本興業286
アマチュア37
ワタナベエンターテインメント25
松竹芸能24
フリー18
太田プロダクション17
サンミュージックプロダクション16
プロダクション人力舎14
マセキ芸能社11
浅井企画10
SMA10
ケイダッシュステージ9
ホリプロコム9
ラフィーネプロモーション8
グレープカンパニー5
タイタン5
スパンキープロダクション4
ライジング・アップ3
K-PRO3
ニュースタッフプロダクション3
その他(2組以下)33

所属事務所の内訳を見ると、
昨年は、一回戦突破のうち、

40%程度が吉本興業→二回戦後60%程度
20%程度がアマチュア→二回戦後3%程度
という状況でしたが、
今年は一回戦後に、
50%程度が吉本興業で、6.7%がアマチュアという、
例年にあてはめると「1.5回戦突破」のような数字に落ち着きました。

 

一回戦 日別データ

日付開催地全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
8/1東京19.4%3513*37.1%3200.0%47.8%
8/2東京14.1%3110*32.3%4000.0%56.3%
8/3東京30.0%4115*36.6%900.0%18.0%
8/4東京17.3%459*20.0%700.0%13.5%
8/10大阪21.7%371540.5%4636.5%55.4%
8/11大阪25.0%3916*41.0%2500.0%39.1%
8/12大阪15.5%331030.3%3812.6%53.5%
8/13大阪13.9%341132.4%4500.0%57.0%
8/18東京18.5%11927*22.7%3213.1%21.2%
8/19東京16.7%11528*24.3%5300.0%31.5%
8/20東京11.8%12520*16.0%4500.0%26.5%
8/24大阪17.1%922527.2%6011.7%39.5%
8/25大阪16.6%912426.4%6011.7%39.7%
8/29北海道8.9%18316.7%3825.3%67.9%
8/31東京13.2%12520*16.0%2600.0%17.2%
9/1東京16.0%6315*23.8%3100.0%33.0%
9/2東京10.6%28517.9%1900.0%40.4%
9/3東京10.0%47612.8%1300.0%21.7%
9/4東京13.8%40717.5%1815.6%31.0%
9/7大阪18.8%3313*39.4%3600.0%52.2%
9/8大阪18.6%209*45.0%392*2.6%66.1%
9/9大阪23.5%3817*44.7%4736.4%55.3%
9/10大阪11.4%341029.4%8033.8%70.2%
9/13仙台6.3%7342.9%5711.8%89.1%
9/14東京8.8%9414*14.9%6500.0%40.9%
9/15東京8.9%9012*13.3%6822.9%43.0%
9/16東京9.1%10715*14.0%5800.0%35.2%
9/17東京10.8%931617.2%6511.5%41.1%
9/18東京5.6%36616.7%7100.0%66.4%
9/19名古屋4.7%174*23.5%8911.1%84.0%
9/20名古屋4.1%13215.4%10932.8%89.3%
9/22広島5.9%5360.0%4600.0%90.2%
9/23大阪8.7%6712*17.9%8311.2%55.3%
9/24大阪9.1%741216.2%6911.4%48.3%
9/25大阪11.1%541629.6%10821.9%66.7%
9/27沖縄11.9%24520.8%1800.0%42.9%
9/28東京8.2%511223.5%10810.9%67.9%
9/29東京9.7%691420.3%8511.2%55.2%
9/30東京10.9%7417*23.0%9111.1%55.2%
10/1千葉8.0%35822.9%9022.2%72.0%
10/4福岡10.9%301446.7%11721.7%79.6%

*追加合格反映済み

過去データ

欠席はデータに含めていません
※1回戦の敗退→再エントリーは2回カウントしています

開催年全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
201925.7%229695141.4%231323410.1%50.2%
201827.6%246097839.8%172917710.2%41.3%
201731.1%2433102842.3%12461169.3%33.9%

アマチュア参加者がここ数年で激増し、
2019年はついにアマ参加数がプロを上回りました。

そのため全体通過率は年々低くなっていますが、
プロの突破率は40%程度、
アマチュア突破率は10%程度で安定しています。

ちなみに、養成所在籍中のコンビもアマチュア扱いですので、「ど素人」とは限らないです。