【データ】(9/28更新) M-1グランプリ 2021 一回戦 プロ・アマチュア別 参加数・通過突破率

今年もM-1グランプリ予選が始まる季節になりました!
昨年に引き続き、プロ・アマ別の通過率を、
公式サイトの日程・結果データから、集計してみました。

2020~2017年のデータも載せていますので、気になる方はぜひ!
まーまー参考までにどうぞ。

M-1グランプリ公式サイトの日程・結果データから、
通過・敗退・欠席のデータを抽出し、集計したものです。

日程・結果 | M-1グランプリ 公式サイト
M-1グランプリの予選から決勝までの日程や結果などをお届けする「日程・結果」ページです。

2020年の一回戦 データ詳細はこちら

【データ】(最終) M-1グランプリ 2020 一回戦 プロ・アマチュア別 参加数・通過突破率
今年もM-1グランプリ予選の季節が始まりました! 昨年に引き続き、プロ・アマ別の通過率を、 公式サイトの日程・結果データから、集計してみました。 2019~2017年のデータも載せていますので、気になる方は...
スポンサーリンク

一回戦データ

2021年

※プロ=事務所所属+フリー(=非アマチュア)
※アマ率=アマ数÷(プロ数+アマ数)
欠席はデータに含めていません(欠席が多いのでより正確にするため)
※1回戦の敗退→再エントリーは2回カウントします

集計期間 全体通過率 プロ数 プロ通過数 プロ通過率 アマ数 アマ通過数 アマ通過率 アマ率
8/1-9/28 23.5% 2042 813 39.8% 2225 190 8.5% 52.1%

今年は三回戦が復活。
現状、通過率は高く、2019年以前とほぼ同じ傾向と思われますが、
過去最多のエントリー数が観測されており、
最終的におそらくプロが約40%、アマが約8~10%、
全体では25%をやや下回ると予想
します。
また、9/20の時点で早くもアマチュア参加がプロを上回り、過去最多のアマチュア参加数と見られます。

一回戦突破 所属事務所 内訳 (随時更新)

所属事務所 通過数
吉本興業 430
アマチュア 190
松竹芸能 46
フリー 44
ワタナベエンターテインメント 34
太田プロダクション 31
プロダクション人力舎 28
サンミュージックプロダクション 24
SMA 20
マセキ芸能社 17
浅井企画 13
ケイダッシュステージ 11
ホリプロコム 9
ラフィーネプロモーション 8
ライジング・アップ 8
グレープカンパニー 8
タイタン 7
スパンキープロダクション 7
ビクターミュージックアーツ 6
K-PRO 5
その他(3組以下) 57

 

一回戦 日別データ

日付 開催地 全体通過率 プロ数 プロ通過数 プロ通過率 アマ数 アマ通過数 アマ通過率 アマ率
8/1 東京 41.2% 20 12 60.0% 31 9 29.0% 60.8%
8/2 東京 34.9% 39 15 38.5% 4 0 0.0% 9.3%
8/3 東京 37.2% 35 15 42.9% 8 1 12.5% 18.6%
8/4 東京 31.8% 32 13 40.6% 12 1 8.3% 27.3%
8/5 東京 35.5% 20 9 45.0% 11 2 18.2% 35.5%
8/10 東京 23.3% 41 17 41.5% 45 3 6.7% 52.3%
8/11 大阪 32.7% 58 30 51.7% 40 2 5.0% 40.8%
8/12 大阪 27.5% 27 14 51.9% 42 5 11.9% 60.9%
8/13 大阪 33.3% 37 20 54.1% 35 4 11.4% 48.6%
8/15 仙台 33.3% 9 5 55.6% 27 7 25.9% 75.0%
8/19 東京 28.3% 105 38 36.2% 33 1 3.0% 23.9%
8/20 東京 26.0% 92 32 34.8% 31 0 0.0% 25.2%
8/21 東京 29.4% 64 37 57.8% 96 10 10.4% 60.0%
8/22 東京 26.5% 58 33 56.9% 93 7 7.5% 61.6%
8/23 東京 21.2% 123 36 29.3% 47 0 0.0% 27.6%
8/24 東京 21.6% 103 29 28.2% 36 1 2.8% 25.9%
8/27 大阪 28.3% 65 27 41.5% 48 5 10.4% 42.5%
8/28 大阪 25.7% 61 30 49.2% 79 6 7.6% 56.4%
8/29 大阪 25.4% 46 25 54.3% 80 7 8.8% 63.5%
8/30 大阪 22.0% 41 17 41.5% 41 1 2.4% 50.0%
8/31 大阪 27.1% 33 14 42.4% 26 2 7.7% 44.1%
9/4 広島 26.9% 9 7 77.8% 43 7 16.3% 82.7%
9/6 東京 33.9% 48 18 37.5% 11 2 18.2% 18.6%
9/7 東京 22.6% 98 33 33.7% 48 0 0.0% 32.9%
9/8 東京 19.7% 91 29 31.9% 66 2 3.0% 42.0%
9/9 東京 20.1% 106 33 31.1% 63 1 1.6% 37.3%
9/10 東京 15.3% 83 21 25.3% 67 2 3.0% 44.7%
9/12 北海道 24.7% 20 12 60.0% 53 6 11.3% 72.6%
9/14 大阪 27.8% 29 20 69.0% 79 10 12.7% 73.1%
9/15 大阪 23.3% 29 14 48.3% 74 10 13.5% 71.8%
9/16 大阪 19.1% 37 18 48.6% 78 4 5.1% 67.8%
9/17 大阪 30.5% 36 20 55.6% 59 9 15.3% 62.1%
9/19 名古屋 16.0% 21 10 47.6% 123 13 10.6% 85.4%
9/20 名古屋 11.9% 15 4 26.7% 128 13 10.2% 89.5%
9/22 大阪 14.3% 45 12 26.7% 53 2 3.8% 54.1%
9/23 大阪 20.5% 30 9 30.0% 92 16 17.4% 75.4%
9/24 大阪 13.9% 53 15 28.3% 69 2 2.9% 56.6%
9/25 大阪 19.8% 37 12 32.4% 79 11 13.9% 68.1%
9/27 東京 19.1% 76 28 36.8% 81 2 2.5% 51.6%
9/28 東京 20.7% 70 30 42.9% 94 4 4.3% 57.3%
9/29 東京
9/30 東京
10/1 千葉
10/2 沖縄
10/3 福岡

 

過去データ

欠席はデータに含めていません
※1回戦の敗退→再エントリーは2回カウントしています

開催年 全体通過率 プロ数 プロ通過数 プロ通過率 アマ数 アマ通過数 アマ通過率 アマ率
2020 12.3% 2223 513 23.1% 2236 37 1.7% 50.1%
2019 25.7% 2296 951 41.4% 2313 234 10.1% 50.2%
2018 27.6% 2460 978 39.8% 1729 177 10.2% 41.3%
2017 31.1% 2433 1028 42.3% 1246 116 9.3% 33.9%

2020年のみ、3回戦がなかった影響で通過率が激減していますが、
3回戦がある例年はおおよそプロが40%、アマが10%程度。

またアマチュア参加者がここ数年で激増し、
2019、2020年はアマ参加数がプロを上回りました。