【データ】8/24 そろそろにちようチャップリン お笑い統一王座GP 予選#4後半 オジンオズボーン かが屋 やさしいズ ネタリスト得点・ちょびっと感想

毎週楽しみに見ている貴重なネタ番組「にちようチャップリン」。
今週も、お笑い統一王座GP2019の予選第4回。後半3組でした。
チェックがてら、ネタリストと時間を調べましたので、まーまー参考までにどうぞ。

放送日:2019年8月24日
MC:内村光良, 千鳥, ハリセンボン, 角田暁子(アナ)
ゲスト:土田晃之、井戸田潤、田中卓志
出演:オジンオズボーン, かが屋, やさしいズ

予選#4 後半 ネタリスト・時間・得点

・後半戦得点

出番名前タイプタイトル時間(分)得点
1オジンオズボーンギャグ漫才2人でギャグ漫才2.560
2かが屋コントなぞなぞ3.590
3やさしいズコントスーパー488

・最終順位

順位名前得点
1かが屋90
2やさしいズ88
3わらふぢなるお76
4ねこじゃらし72
5品川庄司62
6オジンオズボーン60

というわけで、唯一の90点台に乗せたかが屋が決勝進出!
逆に中堅ベテラン勢が最低得点を更新するひどい展開。

ちょびっと感想

オジンオズボーン

2人でやるギャグ漫才、あまり見ないですね確かに。
可能性はあります。

・・・と思ったけど、ややウケというか、
ウケるか調べないまま、お試しネタ感満載でした。

ネタ終了後、

内村「みんななんで、、、」
内村「トーナメントで、こういうネタをやるのかなあ・・・」

大悟「トーナメントで試すのはやめよう!」

思いっきり言われてた😅

 

かが屋

電車内で男性が言ってたなぞなぞが気になって仕方ない設定から、
本人に確認をする設定。
しかし、気になって仕方ないのは周りのお客さん全員で。

いつもは日常にありそうな1ページを切り取るかが屋。
このコントはありそうでありえない設定。

それだけに、後半どうするか新鮮でしたが、
ものの見事に細かい描写をしきっていました。

さすがの90点。

ちなみに、
「普通のノコギリより、さびてるノコギリの方が切れやすいもの」
は、なぞなぞ本に載ってる実在のなぞなぞで、答えは下の方に書いておきました。

 

アンガ田中「なぞなぞ出した相手が降りて」
田中「隣に行って声かけるまでの時間、これがたっぷりある!」
田中「これがかが屋なんですよ!!」

田中「素敵な時間でした✨」

ですねえ。
あのシーンが、顔だけでメッセージを伝える、かが屋らしさ満載でした。

やさしいズ

やさしいズ得意のタイさんの「ワードセンス型ボケ」を封印したコント。
超意外でした。

スーパーのバイトくんが実はヘヴィメタルバンドのボーカル。
その話を聞いたら、実は店長がそのバンドのファン。
こんな設定面白いに決まってます😄😄

バンドファンだけで通じる話が抜け目なく全部笑いにつながり、オチまでキレイに。

設定はバツグンに面白かったですが、
88点が妥当なところなのかなー。
惜しかった。

個人的には、いつものボソッと言うワードセンス型ボケを期待していたので、
ちょっと惜しかった気分はあります。

おまけ なぞなぞの答え

「普通のノコギリより、さびてるノコギリの方が切れやすいものってな~んだ?」

答えは「息」
木が切れなくて、息が切れやすい というわけ。

・・ググって調べた事を白状します🙇
難しくて、そして有名でないなぞなぞをチョイスするあたりが抜け目ないなー。

さいごに

見る前の期待感とは逆に、「お試しネタ」を組んできた中堅勢😄😄
若手にチャンスを与えるという意味では良い人たちです。
と締めておきます・・・

またまた次回が楽しみです!
ではではー。