【データ】(最終結果) R-1グランプリ 2021 予選一回戦~準決勝 プロ・アマチュア別 参加数・通過突破率

 

M-1グランプリが終わったら、R-1グランプリの予選の季節!
今年はアマチュア参加OKということで、プロ・アマ別の通過率を、公式サイトの日程・結果データから、集計してみました。

まーまー参考までにどうぞ。

R-1ぐらんぷりの公式サイトの大会日程・結果データから、
通過・敗退のデータを抽出し、集計したものです。

R-1グランプリ2021
集え新星!新生R-1の頂点へ!参加資格は芸歴10年以内!/優勝賞金 500万円 エントリー期間:2020年11月25日(水)〜2020年12月25日 (金)|決勝戦生放送!カンテレ・フジテレビ系全国ネット

2020年のデータはこちら

【データ】(2/18更新) R-1ぐらんぷり 2020 予選一回戦~準決勝 通過事務所・参加数・通過突破率
いよいよR-1ぐらんぷり2020も予選が始まりましたが、 今年も参加者は2000人を超える盛況。 果たして、どれほどが突破できているのか? その突破率が気になりましたので、公式サイトの日程・結果データか...

 

スポンサーリンク

一回戦データ

2021年(最終結果)

※プロ=事務所所属+フリー(=非アマチュア)
※アマ率=アマ数÷(プロ数+アマ数)

集計期間全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
最終結果17.2%179142623.8%919394.2%33.9%

例年とは違い、今年は3回戦が無いのですが、
その影響からか、通過率は例年(約30%)より低めの17.2%にとどまり、
アマチュアの通過はわずかに4.2%となりました。

また、ルール改定でプロ・アマ芸歴10年以内、出場10回以内が参加可能ですが、
一回戦ののべ人数は2710名と、前年の2409名を大きく上回り、
参加者のうち、アマチュアが3分の1を占める結果
となりました。

・一回戦 事務所別 突破人数データ

所属事務所人数
吉本興業183
アマチュア39
フリー37
ワタナベエンターテインメント33
プロダクション人力舎25
松竹芸能16
太田プロダクション15
K-PRO10
サンミュージックプロダクション10
NSC9
スパンキープロダクション8
SMA8
マセキ芸能社8
浅井企画6
ラフィーネプロモーション5
グレープカンパニー4
ホリプロコム4
その他の事務所(3名以下)45

一回戦通過者の所属事務所は、
一大勢力・吉本興業がもっとも多く、約4割。
これはほぼ例年通り。
特筆すべきは、2番手がアマチュアの39名で、大健闘と言えるでしょう。

・一回戦 日別データ

日付開催地全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
12/27大阪32.0%793544.3%711318.3%47.3%
12/28大阪25.0%812530.9%39512.8%32.5%
1/4大阪24.4%1253729.6%55712.7%30.6%
1/5大阪24.9%1324231.8%4112.4%23.7%
1/6o大阪20.0%1083431.5%6200.0%36.5%
1/6t東京17.7%1333324.8%5911.7%30.7%
1/7東京14.9%1623219.8%5300.0%24.7%
1/8東京14.7%1783117.4%3912.6%18.0%
1/9東京14.7%1433121.7%7411.4%34.1%
1/10東京14.7%1532818.3%6446.3%29.5%
1/11東京13.6%1432718.9%7833.8%35.3%
1/12東京14.5%1643219.5%5600.0%25.5%
1/13東京10.9%892224.7%13221.5%59.7%
1/14東京9.1%1011716.8%9611.0%48.7%

例年通り、大阪組の方が通過率は高く約25%でしたが、
昨年が約38%だったことを考えると、
こちらも通過率は抑えられていました。

過去データ

開催年全体通過率参加数通過数
202029.6%2409714
201931.1%2348731

一回戦突破率は3割程度で推移。

 

二回戦データ

2021年(最終結果)

※プロ=事務所所属+フリー(=非アマチュア)
※アマ率=アマ数÷(プロ数+アマ数)

集計期間全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
最終結果24.2%45711625.4%38410.5%7.7%

全体通過率自体は ほぼ例年通り。
今年は3回戦が無く、次が準々決勝ですが、120名が進出し、
例年の約1.3~1.4倍
となりました。

また、アマチュアが4名 準々決勝へ進出と大健闘を見せています。
なお今年のシード組は約30名のみ
でした。

・二回戦 突破アマチュア

日付名前
1/25ばりかんゴンさん
1/26わーミヤギ
1/26あとむ君
1/26デイ

・二回戦 事務所別 突破人数データ

所属事務所人数
吉本興業54
フリー8
ワタナベエンターテインメント7
松竹芸能6
プロダクション人力舎6
マセキ芸能社6
太田プロダクション5
サンミュージックプロダクション4
アマチュア4
スパンキープロダクション2
K-PRO2
グレープカンパニー2
浅井企画2
ケイダッシュステージ2
SMA2
げんしじん事務所1
ビクターミュージックアーツ1
ラフィーネプロモーション1
ホリプロコム1
ライジング・アップ1
三木プロダクション1
トゥインクル・コーポレーション1
タイタン1

事務所内訳は、一大勢力・吉本興業は45%。
2回戦以降でだいたい40~50%くらいが吉本興業なのは例年通り。

また、今年はフリーの活躍が目立つ結果となっています。
例年目立っていたSMAは2名にとどまり、
これは所属芸人に芸歴長めが多く、出場者が減ったと推測
されます。

・二回戦 日別データ

日付開催地全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
1/17大阪17.0%881820.5%1800.0%17.0%
1/18大阪22.2%922223.9%700.0%7.1%
1/24東京32.7%973435.1%700.0%6.7%
1/25東京25.3%802025.0%3133.3%3.6%
1/26東京24.3%1002222.0%33100.0%2.9%

1回戦とうって変わって、東京組の健闘が目立つ結果となりました。
特に、アマチュアは東京ステージのみが通過。

過去データ

開催年全体通過率参加数通過数
202026.8%839225
201924.9%857213

R-1ぐらんぷりでは二回戦からシード組が大量100名以上、追加参戦。
突破率も25%程度と、
「二回戦が鬼門」と呼ばれていました。

3回戦データ

開催年全体通過率参加数通過数
202040.4%22591
201940.6%21286

 

準々決勝データ

2021年(最終結果)

※プロ=事務所所属+フリー(=非アマチュア)
※アマ率=アマ数÷(プロ数+アマ数)

集計期間全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
最終結果25.0%1163025.9%400.0%3.3%

例年よりも多い120名の参加中、
例年どおり30名通過ということで、通過率自体は低くなりました。
また、アマチュアはここで全滅。

・準々決勝 事務所別 突破人数データ

所属事務所人数
吉本興業12
マセキ芸能社4
プロダクション人力舎3
サンミュージックプロダクション3
松竹芸能3
ワタナベエンターテインメント2
ライジング・アップ1
グレープカンパニー1
SMA1

一大勢力・吉本興業は40%ちょうどで、
2番手にマセキ芸能社がつけています。

フリー8名とアマチュア4名がここで全滅。
準決勝にコマを進めたのは、全員が事務所所属となりました。

・準々決勝 日別データ

日付開催地全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
2/2東京30.0%391230.8%100.0%2.5%
2/3東京27.5%371129.7%300.0%7.5%
2/4大阪17.5%40717.5%000.0%0.0%

二回戦に続き、準々決勝も大阪組は苦戦の結果となりました。

過去データ

開催年全体通過率参加数通過数
202035.2%9132
201934.9%8630

参加数にかかわらず、準決勝進出が30名前後となっています。

 

準決勝データ

2021年(最終結果)

※プロ=事務所所属+フリー(=非アマチュア)
※アマ率=アマ数÷(プロ数+アマ数)

集計期間全体通過率プロ数プロ通過数プロ通過率アマ数アマ通過数アマ通過率アマ率
最終結果30.0%30930.0%000.0%0.0%

昨年一昨年とは違い、
今年は決勝が10名で行われると発表。
9名が準決勝突破、1名が敗者復活
で選ばれる事となりました。

・準決勝 事務所別 突破人数データ

所属事務所人数
吉本興業3
マセキ芸能社3
プロダクション人力舎2
松竹芸能1

マセキ芸能社が大躍進。
また他事務所の活躍が目立ち、
決勝進出に吉本興業が1/3しか居ないというのは、
史上初のできごと。

過去データ

開催年全体通過率参加数通過数
202034.4%3211
201933.3%3010

2020年は決勝進出11名+敗者復活1名、
2019年は決勝進出10名+敗者復活2名という構成でした。